長野県松本市にある信成の家づくり


by shinsei-1971
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:松本市岡田M様邸( 13 )

松本市岡田のM様邸 お引渡から早くも2年経ちました。

e0180332_9591914.jpg
外観も変わらずキレイ。
2年も経つと廻りの風景に変化が。

e0180332_9593371.jpg
本当に何の問題もなくキレイにお使いいただいてました。
外気温は結構暑いのに中に入ると涼しく感じられ、
窓からは気持ち良い風が入ってきていました。
実はこちらは2年経った今もエアコンを入れていません。
身体に無理をさせてはいけないのですが
極力自然を採り入れ、感じることができる暮らしをされています。

いつも・どのお住まいを見てもその人なりの暮らしぶりがうかがえます。
嬉しく思うのと、うらやましく思える部分とがたくさんあります。

担当 新保
by shinsei-1971 | 2016-06-20 18:48 | 松本市岡田M様邸 | Comments(0)
もうすっかり秋。
昨夜は中秋の名月だったようです。
そして本日は スーパームーン とのこと。なんだ?スーパームーンって。

先日スタイルシェードを取り付けしました松本市岡田のM様邸。
ウッドデッキで過ごしている時もシェードを利用できるように手摺りを設置。
手摺りにシェードを留めるフックを取り付けました。
e0180332_11165067.jpg

実はこの写真、お施主様撮って送ってくれたもの。
晴れた日の様子がわかります。

そしてウッドデッキで使用後、余った塗料はタッチアップ用に
お施主様にお渡ししてあったのですが、
その塗料を使って
e0180332_1120502.jpg
お手持ちの家具をリメイク、なかなか良い仕上がりです。

使える(使いたくなる)ように手を加え、
長ーく使うってとってもいいと思うんです。
簡単に物が買える・手に入る時代だけれども
ひとつひとつのモノを大切に・手入れをして使っていく。
そういったことに「豊かさ」を感じています。

担当 新保
by shinsei-1971 | 2015-09-28 18:29 | 松本市岡田M様邸 | Trackback | Comments(0)
暑い日が続いています。
外に出ると陽射しがそのまま熱い!痛いくらい熱い!
それでも日影にいて風が吹くと涼しく感じられます。
そのくらい日射によって体感温度は違うもの。

田園に佇む一軒家の松本市岡田のM様邸。
全方向見渡せる好ロケーション!
特にお施主様のお好きな西の山は室内からも見える様に窓を大きく、
広いベランダも設けました。
おかげで西日が暑い。
室内カーテン、ロールスクリーンはあるものの、外から日射を遮ることになりました。
e0180332_104333.jpg
サッシ枠に簡単に取り付けるタイプの日除け。
使い方はロールスクリーンと一緒でシェードを降ろしてフックに掛けるだけ。
使わない時は巻き上げておけますし、
長期使用しない時はボックスごと外してしまってもOK。
陽射しが欲しい冬はそのまま取り込むことができます。
(サッシ・ガラス性能によります)

日射を遮るには外部からすることがより効果的です。
緑のカーテンもよしずもとてもいいですが「設置が面倒・・・」という方には
こういった商品もオススメです。

担当 新保
by shinsei-1971 | 2015-07-27 11:05 | 松本市岡田M様邸 | Comments(0)
松本市岡田のM様邸も早いもので1年を迎えました。

その間も何度かお邪魔させていただいているので
1年点検に伺った時も、特に問題なくお住まいいただいていました。

M様は今までお使いになっていた家具等をそのまま新居でもお使いいただいています。
そこへ、木材利用ポイントで交換した家具も入り、
お好みのファブリックを足したりされて、とても「M様らしい」インテリアに
仕上がっています。

e0180332_942469.jpg
薪ストーブが中心となりお住まいのインテリア、
小物、本などなどが調和しています。

お客さまがとても多く、この薪ストーブは好評だったようで
暖かく(暑く)なってきたこの時期でも「ピザを焼こう」と言われてしまうようです。

次の点検は少し先になりますが、
このまま心地よく暮らしていただければと思います。

担当 新保
by shinsei-1971 | 2015-06-08 09:55 | 松本市岡田M様邸 | Comments(0)
先週、いよいよ寒くなってきたので薪ストーブを使い始めると
ご連絡を受け、火入れ式にお邪魔してきました。

e0180332_1572100.jpg
火入れをする直前の薪ストーブ。
e0180332_1574158.jpg
薪が入れられオーナーさんにより火が・・・!
e0180332_15164756.jpg
つきました!
これぞ本来あるべき姿。
そしてやっぱり「火」を見ながらというのはなんだかいいものです。

薪ストーブのお話しから始まり、昔話や世間話がつきません。
しかも、ちょっぴりお邪魔するだけの予定だったのですが、
手料理までいただいてしまいました。

e0180332_15121783.jpg
薪ストーブを利用した手作りピザ。
左のアルミホイルにはチキンと野菜のグリル。
どれもこれも美味しく、楽しい時間を過ごさせていただきました。

薪ストーブは管理が大変ではありますが
こうやって実際をみると改めて「いいなー」と憧れてしまいます。
この冬からの薪ストーブライフを楽しまれることだと思います。

担当  新保
by shinsei-1971 | 2014-11-19 15:19 | 松本市岡田M様邸 | Trackback | Comments(0)

M様邸 お引渡

松本市岡田で工事をしておりましたM様邸の工事も無事に終わり、
OPEN HOUSE もたくさんの皆様にご来場いただきました。

そして、このたび、めでたくお引渡となりました。

e0180332_1115743.jpg
計画~工事まで携わった皆さんでお施主様を囲み、
お祝いを伝えました。

いつも思うのですが、ひとつの建物にたくさんの方々の協力があります。
そうして出来上がることに感慨を覚えます。

e0180332_11164955.jpg

建物のお引渡には当然鍵のお引渡もあって
これはお施主様に初めて鍵をかけてもらって確認をしているところです。

これからお引っ越しをされてこちらにお住まいになられます。
ここが「我が家」。
何度見てもいいものです。


担当 新保
by shinsei-1971 | 2014-06-09 19:46 | 松本市岡田M様邸 | Comments(0)
5/31・6/1に開催しましたM様邸のOPEN HOUSEが
無事に終了いたしました。

今年一番の暑さの中、たくさんの方にご来場いただきました。
e0180332_8563743.jpg
田園に佇む一軒家なので、
窓から風が入り、とても気持ちのいいお住まいでした。
この景色はなかなか手に入らないものです。
ご来場頂きました皆さんにも十分に体感いただけたと思います。

お施主様も現地にいらっしゃってお友達を案内してくれました。
賑やかでフレンドリーな見学会になったのも
ひとえにお施主様のお人柄のおかげです。

暑い中ご来場頂きました皆様には本当に感謝!です。

そして、お施主様をはじめ、たくさんの関係者の方々に
ご協力いただいて無事OPEN HOUSEができ、
完成を迎えられることを本当に嬉しく思います。

こちらのお住まいは 今週末、お引き渡しします。


担当 新保
by shinsei-1971 | 2014-06-02 09:12 | 松本市岡田M様邸 | Comments(0)
5/31()・6/1()にOPEN HOUSE を開催する
松本市岡田で建築中のM様邸の工事も大詰めに入っています。

内装もほぼ終わり、キッチンも設置されていました。
今日は造作の棚板や格子の塗装作業中でした。

リビングの一角には・・・
e0180332_16275663.jpg
薪ストーブが来るのを今か今かと待っている
レンガ積みの遮熱壁と石張りの床。
OPEN HOUSEまでには入る予定です。

とうとう完成するんだ、とお施主様と一緒に
楽しみにしております。

OPEN HOUSE では皆様のお越しをお待ちしております。


担当 新保
by shinsei-1971 | 2014-05-26 16:33 | 松本市岡田M様邸 | Comments(0)
松本市岡田で建築中の M様邸ですが、
外装も大工さんの工事もほぼ終了、
内装・仕上げ工事に入っています。
e0180332_16443690.jpg
当社施工では珍しめのタイル調の外壁。
明るめできちんと色が付いているのも
最近はあまりなかった感じです。


e0180332_1653164.jpg
リビング上部、ドカンと大きな吹抜け。
内部足場ががっしりと組めちゃいます。


現在は各種器具付けなどの最終工程に入ってきています。
あとはできあがりを待つだけ。

こちらのお住まいですが
5/31()・6/1()にOPEN HOUSE を開催します。
また詳細についてはお知らせしていきたいと思います。

担当 新保
by shinsei-1971 | 2014-05-19 16:53 | 松本市岡田M様邸 | Comments(0)
松本市岡田松岡で工事中のM様邸現場にて
お施主様に棟札を取り付けてもらいました。

普段だと大工さんにお願いしているんですが
お施主様がご自身で・・・とのご希望でした。e0180332_11096.jpg

その日工事に入っていた大工さんを初めとする
職人さん達の見守る中での作業。
e0180332_1113840.jpg
取り付けられた棟札。
このほかに、今回は地鎮祭の時に神主さんにいただいた
お札も一緒に付けました。

この後、天井ができてくるので
棟札は普段目にすることない天井裏で
こちらの家と共にずーっと在ることになります。

建築の記念のしるしとして書かれた札は
上棟式の際にお清めしてもらい
この家とここに住まわれる方々の護符ともなります。

当社ではこの棟板をお客さまに書いていただき、
それを記念としてもらっています。
さらにご自身で取り付けられるというのも
なかなか出来ない体験でもあるので
思い出深いものとなります。


担当 新保
by shinsei-1971 | 2014-04-07 11:20 | 松本市岡田M様邸 | Comments(0)