長野県松本市にある信成の家づくり


by shinsei-1971
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:広丘原新田の住宅( 23 )

「家づくり」を考える時に
どんな建物に住みたいか というのは気になるところだと思います。
雑誌やホームページで住宅会社などを調べて
問い合わせをして資料を見たり、会ってお話しを聞いたりして
だんだんと具体的になっていく、というのが通常の進め方。

でも、画面や紙上で見ても実際の建物の感じはなかなかわからない。
部屋の広さ、空間、素材、明るさ、暖かさ・・・などなど
実感したい!と思う方がほとんどではないでしょうか?

そんなお考えをもたれているお客さまに、
現在お住まいになられている当社施工のお宅をご覧いただきました。
e0180332_1012525.jpg
計画を考えているお住まいに関しての疑問や
実際に住んでみての使い勝手や家の性能などを
直に住まい手の方に聞いていただきました。

もちろん全てを知るわけにはいきませんが、
「住まい手」という同じ立場の方からの意見や感想というのは
参考になると思います。

実際の建物を体感してもらうために見学会も都度開催しております。
その際にはまたお知らせをしてきます。

担当 新保
by shinsei-1971 | 2015-03-23 10:21 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)
今回も、広丘原新田の住宅を紹介します。

e0180332_1815910.jpg

2階南側の廊下に、おなじみのスノコ床を採用していただきました。
日当たりも良く明るいスペースになりました。

計画当初からのご主人のご要望でしたが、奥様は怖そうだと心配されていました。
しかし実際に歩いていただくと、奥様から大丈夫と言っていただき、一安心。
現在は、共働きのご夫婦の物干し場としても活用していただいています。

ちなみに、こちらのお宅が当社HPの物件紹介にも掲載されていますので、
そちらもご覧になってみてください。
HP物件紹介は・・・こちら


担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-04-03 18:40 | 広丘原新田の住宅 | Trackback | Comments(0)
今回も、広丘原新田の住宅です。

e0180332_19344569.jpg

1階の廊下に脱衣所とは別に洗面スペースがあります。
モザイクタイル張りのカウンターに大き目の洗面ボウルを置きました。
横長の大きな鏡の隣には、窓があるので明るく感じます。

外観はシンプルなモダンスタイルのお家ですが、
中に入ると奥様の好きなカントリーテイストも取り入れられていて、
それが良いアクセントになっていると感じました。


担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-03-25 19:52 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)
広丘原新田の住宅です。

ようやくカメラマンさんから竣工写真のデータが届きました。
改めて、お施主さまのこだわりを紹介します。

e0180332_18552012.jpg

システムキッチンは
Panasonicのリビングステーションです。

奥様のこだわりのポイントは、”3口IH「トリプルワイド」”。
調理の効率とお手入れのし易さが特徴の調理機です。

小学生の娘さんもお手伝いしてくれるそうで、
ご家族のつながり作りに役立ってくれていると感じました。


担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-03-18 19:32 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)
今回も広丘原新田の住宅をご紹介します。

e0180332_18425971.jpg

こちらは、玄関ホールからLDKに入る引戸です。
全体の内装カラーは白系に統一されていますが、
外壁と同系のダークブラウンがアクセントになっています。

ガラスは、チェッカーガラスを使い、
引き手は、奥様が「ヴィクトリアン・クラフト」さんで、
購入されたブレス(真鍮)のものを使いました。

1本の建具にも、たっぷりこだわりが詰まっています。


担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-03-05 18:52 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)
先日、無事にお引渡しをさせていただいた
「広丘原新田の住宅」です。
お引渡しの様子は、後日改めてお伝えします。

今回も、お施主さまのこだわりの一部を紹介します。

e0180332_19513327.jpg

ご主人さまがプランニングの時からこだわり続けた
タタミコーナーです。

洋風の生活スタイルが主流になっていても
和の空間でくつろぎたいという気持ちは、
日本人として在るべき姿なのかもしれません。

自然とご家族が集まる空間づくりも大事なことだと感じました。


担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-02-26 20:05 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)
広丘原新田の住宅です。
工事が無事完了しました。

e0180332_2032626.jpg

リビングからキッチンを見たところです。
天井高を上げて、構造梁を出しました。
スノコも見えて、空間の拡がりを感じられます。

e0180332_2081259.jpg

こちらは、2階主寝室から階段・廊下を見たところです。
全体を白系でまとめた明るい空間になっています。
階段のスチール手すりも白色になりました。

明日、お引渡しをさせていただきますが、
まだまだお施主さまのこだわりが沢山ありますので、
引き続き、こちらでお伝えしていきます。



担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-02-22 20:20 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)
広丘原新田の住宅では、外部足場もはずれ完成が近づいてきました。

e0180332_17465512.jpg

ブラウン系のスパンサイディングに
サッシや樋などのシルバー色がアクセントとなっています。

来週末にはお引渡しになりますので、
仕上げの工事を安全第一ですすめていきます。


担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-02-16 17:53 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)
広丘原新田の住宅は、現在内部造作工事が進んでいます。

工事の流れからは遡ってしまいますが、今回はサッシの紹介をします。
e0180332_17595550.jpg

こちらのお宅では、『YKK製APW330』という樹脂サッシを採用しています。
ガラスもLow-E複層ガラスです。

躯体の断熱も重要ですが、どうしても開口部の方が熱の出入りが大きくなります。
快適でエコな住まいには
サッシの性能も含めたバランスの良い断熱性能が必要であると考えます。


担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-02-04 18:56 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)
先週はお伝えできなかった広丘原新田の住宅です。
すっかり外装材が張り終わっていました。
e0180332_19262683.jpg

2階のベランダですが、3連の出入りサッシが並んでいます。
内部の床は、スノコ床になります。
そこから1階のLDKに光が差し込んでとても明るい空間です。

こちらの工事も終盤になりました。
完成がとても楽しみです。


担当:中野
by shinsei-1971 | 2013-01-31 19:35 | 広丘原新田の住宅 | Comments(0)